読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケモノ屋本舗

-獣人好きのお絵かき雑記-

奥行きを意識して描いてみよう!

「立ち絵以外のイラストも描いてみたい!」

 

そんな時はイラストに奥行きを付けてみてはどうでしょうか?

奥行きができることで、立体感が生まれます。

 

今回は自分なりの奥行きを付けたイラストのご紹介と、

奥行きの付け方のご説明です。

 

f:id:ihara_yuu:20170122220216j:plain

こちらのイラストは左手を大きく描いています。

代わりに、右足は後ろに小さく描いています。

簡単に言ってしまうと、これが「コツ」です。

 

奥行きのあるイラストを描きたいときは、

「一番前にあるものと、一番後ろにあるものの大きさに、差を付けましょう!」

 

ちょっと図解すると…

f:id:ihara_yuu:20170122220537j:plain

こんな感じです。

全体では右上から左下に広がりを作り、

あえて左手を大きく描くことで、見る人の意識を左手に集中させます。

けっこう大胆に大きくしても大丈夫です。

 

パースとかも関わってくる話で少しむつかしいのですが、

最初は意識する必要はないと思います。

私も正直パースは苦手です。^^;

 

まずは勢いを意識して、奥行きを付けてみましょう。

きっと動きのあるイラストになると思います。

 

奥行きが意識できるようになると、

次はポーズが付けられるようになります。

ポーズが付くと、イラストの見栄えがまた一段階上がります。

ポーズについても、時間を見つけてご紹介できればと思います。

 

余談ですが、今回の講座は、ちょっとむつかし目だと思います。

イラストがある程度描ける方向けですね。(汗

ご要望があれば、もっと初心者向けの講座も書いていきたいと思っています。

ぜひコメントなどでお気軽にお問い合わせ下さい。