ケモノ屋本舗

-獣人好きのお絵かき雑記-

水泡雲のエフェクトの描き方

今回は久々のイラスト講座です。

水のエフェクトの描き方をご紹介しようと思います。

個人的に「水泡雲」と呼んでいるものです。

 

f:id:ihara_yuu:20170312123148j:plain

こちらは過去イラスト。

右下に水のような青いエフェクトがありますよね?

この描き方を順を追ってご説明します。

 

まずは水の雲を描きましょう。

f:id:ihara_yuu:20170312131128j:plain

雲といってもむつかしく考えなくて大丈夫です。

こんな感じに、もくもくを描きます。

下は地面についているように平らにすると良いです。

色は明るめのものを塗りましょう。

 

次に、影の段階を描いていきます。

f:id:ihara_yuu:20170312131323j:plain

まずは1段階。

さっきより濃い色を中に描きます。

f:id:ihara_yuu:20170312131401j:plain

次は2段階目。

さらに濃い色を描きます。

f:id:ihara_yuu:20170312131437j:plain

色の段階が作れたら、今度は白で泡を描きます。

雲のラインを少し削ってもいいでしょう。

こうすると光沢が出ます。

f:id:ihara_yuu:20170312131618j:plain

水の飛び散りを外側に描きます。

小さなまるい水色で、外側の明るい色に合わせます。

 

以上で完成です!☆彡

 

水は光を反射するものなので、

奥を暗く、外側は明るくしてみました。

 

これは初心者の方にもおすすめできる手法だと思います。

(何より自分で描いてて楽ですw)

 

ちなみに、この描き方ができるようになれば、

水の形を雲にしなくてもアレンジができます。

外側の形だけ変えて、水の剣とか、槍とか。

 

簡単なので、ぜひ試してみて下さいー!